式内社比定神社名
荊波神社越中国 礪波郡鎮座
 由緒1
誉田別命
彦波瀲武鵜鵜草葺不合尊
日子刺肩別命
伊邪那岐命
少彦名命
建御名方命
 由緒2
八幡神社

臼谷の岡村遺跡は、縄文中・後期(4000年〜5000年前)の集落跡といわれ、また、字岡ノ城の河岸岸段丘の上には、奈良時代より中世にかけての跡が残されている。
臼谷字岡ノ城に鎮座する八幡宮は、往昔日より蟹谷郷の総社であるといわれ、旧号、荊波神社と称し、延喜の神名帳にある越中国砺波部鎮座の荊波神社であると伝えられている。
奈良時代、越中守大伴家持は、国守として墾田地の検察に、この地に来り思いがけぬ雨にであい、帰ることができなくなり、
荊波の里に宿借り春雨に
こもりつつむと妹につけつや (万葉集巻の18)
の一首を詠んだという。
臼谷の地は古来より、八幡宮をはじめ、小白山、臼谷砦、小原道、小原越等々、史跡多く、また、ふな、うらじろかしの混生林、或いは、年中清洌な清水を湧出し、人びとに憂用された大清水、あしつき等あリ由緒の地である。
ここに、臼谷にまつわる歴史、文化の沿革を石に勒して後世に伝える。
昭和61年11月18日
社頭掲示板

 由緒3
由緒不詳
 社殿
本殿
拝殿
 祭祀
江戸時代は「八幡宮」




©2021 たまゆら神詣で