式内社比定神社名
氷川神社(名神大月次/新嘗)武蔵国 足立郡鎮座
 由緒1
須佐之男命
稻田姫命
大己貴命
(配祀)倉稻魂命
 由緒2

氷川神

由緒 氷川神社は今から凡そ二千有余年前、第五代孝昭天皇の御代3年4月未の日の御創立と伝えられます。
当神社は、歴朝の御崇敬・武将の尊敬も篤く、景行天皇の御代日本武尊は東夷鎮圧の祈願をなされ、成務天皇の御代には出雲族の兄多毛比命が朝命により武蔵国造となって氷川神社を専ら奉崇し、善政を布かれてから益々神威輝き、格式高く聖武天皇の御代武蔵一宮と定められ、醍醐天皇の御代に制定された延喜式神名帳には名神大社として、月次新嘗案上の官幣に預り又臨時祭にも奉幣に預っています。武家時代になってからは鎌倉、足利、徳川の各将軍家等相継いで尊仰し、奉行に命じて社殿を造営し社領を寄進する等、祭祀も厳重に行われていました。
明治の御代に至っては明治元年、都を東京に遷され当社を武蔵国の鎮守・勅祭の社と御定めになり天皇御親ら祭儀を執り行われました。次いで明治4年には官幣大社に列せられました。
昭和9年昭和天皇御親拝、昭和38年今上陛下が皇太子時に御参拝になられ、昭和42年10月、明治天皇御親祭百年大祭が執り行われ社殿、その他の諸建物の修復工事が完成し、10月23日昭和天皇・皇后両陛下御揃いで親しく御参拝になられました。昭和62年7月には天皇・皇后両陛下(当時皇太子・同妃殿下)が御参拝になられました。
社頭掲示板
 由緒3
孝昭天皇3年4月創祀
日本武尊御東征の時御祈願
天平神護2年(766)7月神封三戸
聖武天皇の御代、武藏國一の宮
貞観元(859)年正月27日従五位上
同5年6月8日正五位下
同7年12月21日従四位下
同11年11月19日正四位下
元慶2年(878)12月2日正四位上
永保元(1081)年・永治元年(1141)年・院治承4年(1180)それぞれ神位一階
治承4年(1180)源頼朝社殿再建
文禄5年(1596)8月徳川氏造営
寛文7年(1667)3月造営
明治4年官幣大社
 社殿
本殿銅板葺流造
拝殿・社務所
 祭祀
江戸時代は「氷川大社」




©2021 たまゆら神詣で