式内社比定神社名
小野神社武蔵国 多摩郡鎮座
 由緒1
天下春命
(配祀)瀬織津比��
伊弉冉尊
素戔嗚尊
大己貴大神
瓊瓊杵尊
彦火火出見尊
倉稻魂命
『江戸名所図会』「上古は瀬織津比�嶋鼾タ」
延経『考証』天押帯日子命
 由緒2

小野神社

東京都指定有形文化財
(彫刻)
木造随身椅像
所在地 多摩市一ノ宮1丁目18番地8
指定 昭和50年2月6日
小野神社の起こりは古く八世紀中頃とも言われ、中世には武蔵国衙に近在する筆頭の神社、武蔵一宮であった。
武蔵一宮小野神社については現存する史料が極めて乏しい中で、昭和49年にこの随身椅像に墨書銘があることが発見された。
墨書銘によれば、この二躯のうち古い方の随身像は、元応元年(1319)因幡法橋応円・権律師丞源らにより奉納されたもので、その後、寛永5年(1628)に相州鎌倉の仏師大弐宗慶法印によって彩色などの補修が行われ、その際新しい方の像が新調されたことを伝えている。
どちらも檜材、寄木造、胡粉地に彩色が施され、頭部は挿首、玉眼。
都内では、室町時代以前の随身像は数少なく、また武蔵一宮小野神社の歴史を伝える数少ない資料の一つとして貴重な文化財である。
平成13年3月31日
設置 東京都教育委員会
社頭掲示板
 由緒3
安寧天皇18年2月創祀
元慶8年(884)7月15日正五位上
文明年間戦火で炎上
慶長14年(1609)12月社殿再建
寛文7年(1667)3月社殿修造
明治6年11月郷社
大正15年3月火災焼失
 社殿
本殿流造
拝殿・神輿庫・社務所・随身門・水舎
 祭祀
江戸時代は「一宮大明神」




©2021 たまゆら神詣で