式内社比定神社名
淺間神社(名神大)駿河国 富士郡鎮座
 由緒1
木花之佐久夜毘売命
(配祀)天津日高日子番能迩迩藝命
大山津見神
(合祀)荒御魂神
彌都波能賣神
須佐之男命
日之宮神
天照大御神
応神天皇
市杵島姫命
水神
見目神
飯酒御子神
 由緒2

由緒

第7代、孝霊天皇の御代富士山が噴火し鳴動常なく人民恐れて逃散し年久しく国中が荒れ果てたので第11代垂仁天皇は其の3年に浅間大神を山足の地に祭り山霊を鎮められた。これを当浅間大社の起源とする。ついで第12代景行天皇の御代日本武尊が東夷御征伐の時駿河国に於て賊徒の野火に遇われたが富士浅間大神を祈念して其の災をのがれた給い、その賊を征服するや山宮の地(大宮の北方約6キロ)に於て厚く大神を祭られた。
其の後第51代平城天皇の大同元年坂上田村麿勅を奉じて現在の大宮の地に壮大な社殿を営み山宮より遷し鎮め奉った。爾来一千百余年全国一千三百余に及ぶ浅間神社の総本社として全国的崇敬をあつめる東海の名社となっている。
古来朝廷の御尊崇極めて厚く延喜の制には名神大社に列し、駿河国一宮として勅使の奉幣神領の御寄進等にあずかり、武家時代に入るや源頼朝は神領を寄進し、北条義時・足利尊氏同義持等何れも社殿を修営し、武田信玄・同勝頼父子は諸種の宝物を献上し社殿を奉建し、豊臣秀吉も亦神領を寄進した。慶長九年徳川家康は戦国擾乱の鎮静と将軍宣下の奉賽のため本殿・拝殿・楼門その他を奉建し更に同十一年には富士山八合目以上を当社へ寄進した。爾来徳川氏は本社を崇敬すること極めて深く、家光は社領を献じ家綱・綱吉・家治・家斉・家定・家茂等も夫々祈祷料・修理料を寄進した。
又室町時代に始まった富士登拝は江戸時代に入っていよいよ殷盛を極め以来今日に至っているが、本宮所在の大宮は富士山表口と称せられ関西方面から来る道者(どうじゃ)の登山口たることは勿論、特に本宮を崇敬する関東、東北の道者も此の道を選び、又甲斐、信濃より来る道者も少なくなかった。彼等は社人中特定の道者坊に着いた後本宮に参詣し、更に境内の湧玉池にて斎戒沐浴して登山するのを習いとした。
明治に及んでは其の4年5月14日国幣中社に、同29年7月8日官幣大社に列せられた。
全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年
 由緒3
孝霊天皇の御代富士山噴火
垂仁天皇3年浅間大神を山足の地に祀
日本武尊東夷平定途次山宮の地に大神を祭られた(大宮の北方約6キロ)
大同元年(806)坂上田村麿現在地に遷
建久4年(1193)源頼朝が富士巻狩の時、本宮に流鏑馬を奉納
承久元年(1219)3月北條泰時富士淺間宮神拝
貞応2年(1223)造替遷宮
康安2年正月21日今川氏諸役免除
応永7年11月18日今川泰範寄進状
永禄13年4月23三日武田信玄自筆願文
天正18年(1590)豊臣秀吉所領寄進
寛永18年(1641)社領寄進
明治4年国幣中社
同29年官幣大社
昭和57(1982)年3月社名富士山本宮浅間大社と改称
 社殿
本殿二階楼閣の淺間造
幣殿・拝殿・神饌所・祭器庫・槙門・手水舎・社務所
神庫・廻廊・守札調製所




©2021 たまゆら神詣で